そもそも「発達障がい」ってなんだろう?

幼少期からのアンバランスな発達により、脳内の情報処理・制御に偏りが生じてしまい、日常生活に支障をきたす状態を「発達障がい」と言います。

※最近では「神経発達症群」という用語も使われています。

発達障がいの特徴とは?

特定のことには優れた能力を発揮する一方、ある分野は極端に苦手という特徴があります。

しかし、得意なことと苦手なことの差は本来誰にでもあるはず…。

発達障がいの場合は…?

得意なことと苦手なことの差が極端に大きいうえ、見た目では分かりづらく、周囲からの理解を得られにくいです。

そのため、生活に支障をきたしてしまうことが多いです。

すると、失敗経験を積み重ねてしまい、自信を失ったり塞ぎこんでしまったりしがちです。

その結果、暴力や抑うつ状態など、二次的な障害につながってしまうこともあります。

発達障がいの原因について

まだ全てが解明されているわけではありませんが、生まれつきの脳機能の異常によるものと考えられています。

以前は「親の愛情不足」「しつけ方の問題」などが原因という説もありましたが、現在では科学的に否定されています。

ただし、家庭環境などの要因により、後天的な発達障がいに近い診断を受けることはあります。

発達障がいの分類

発達障がいは主に3つに分類されます。

障がいの程度には個人差があり、複数の障がいを併発する場合もあります。

いずれの障がいも、早期からの支援が重要となります。

ASD(自閉スペクトラム症)

こだわりが強く、コミュニケーションを苦手としやすいという特徴があります。

以前は、「自閉症」「自閉性障害」「広汎性発達障害」「アスペルガー症候群」などと分類されていましたが、特性自体は共通する部分も多く、1つの連続体として捉えるようになりました。

ADHD(注意欠如・多動症)

物事への集中が難しい(注意欠如)、じっとしていられない(多動性)、考えるよりも先に動く(衝動性)などの特徴があります。

出てくる症状には個人差があります。

SLD(限局性学習症)

知能指数(IQ)には問題がありませんが、文章読解や計算など、特定の学習がうまくできないという特徴があります。

不得意でない教科や科目については何の問題もなく授業についていけるとされています。


※これまで「LD(学習障害)」と呼ばれていましたが、名称変更されました。

従来の名称では「勉強全般に支障がある」というニュアンスで受け取られがちでしたが、「特定の分野の学習のみに問題がある」という実際の症状に合わせ、改定されました。

まとめ

●発達障害の生きづらさは、本人の発達の凸凹とその人が過ごす環境や周囲の人との関わりのミスマッチから発生しています。

周囲の理解適切な配慮少しの環境の調節があれば、不得意な特性が目立ちにくくなったり、得意なことを活かせるようになったりして、生きづらさを軽減することもできます。

●不得意な特性を「障がい」ではなく、1人ひとりの「個性」ととらえて、優れた能力や長所をのばしていくことを大切に、適切なサポートをしていきましょう。


 

ページトップに戻る