注意欠陥多動性障害 (ADHD)

→ Attention-deficit hyperactivity disorder

注意欠陥多動性障害 (以下ADHD) とは、年齢や発達に不釣り合いな「不注意」・「多動性」・「衝動性」 の3つを特徴とする発達障害で、社会的活動や学習に支障をきたすものをいいます。


「集中力が続かない」「すぐに気が散る」「忘れっぽい」などの症状が発現し、 その場に合った行動ができないと考えられています。


じっとしていることが苦手で、無意識のうちに体が動いてしまい、落ち着きがないように見えることがあります。
また、適度におしゃべりをしてしまうこともあります。


思いついたら行動を、行っても良いかを考える前に実行してしまうのが衝動性です。 そのため、順番待ちが苦手であったり、他人の行動の邪魔をしたりすることがあります。

*これらの「不注意」「多動性」「衝動性」は小さい子どもであればこれらの要素は誰にでも見られる ものなので周りの人たちに障害という認識をもってもらえず、「悪い子・しつけのなっていない子」 といった否定的な評価を受けやすくなります。意図的に相手を困らせようとしているわけではなく、 感情や行動を自分自身でコントロールすることが難しいということを理解して対応しましょう。



ADHDにはその特徴から3つのタイプに分類されます


 例えば…
・忘れ物が多い。物をなくしやすい。

・気が散りやすい。集中力が続かない。

・興味があることに意識が集中しすぎて、切り替えが難しい。

・ボーっとしていて、話を聞いていないように見える。

・部屋の片づけができない。


 例えば…
・落ち着きがなく、授業中に立ち歩く。または途中でどこかへ行ってしまう。

・座っていても体を動かすことがやめられない。姿勢が崩れやすい。

・些細なことで手を出してしまったり、大声を出したりする。

・待つことが苦手で順番を守ることが出来ず、割り込みをしてしまう。


「不注意」「多動性」「衝動性」の特性が万遍なく見られ、小児のADHDに最も多く観察されます。
 例えば…
・物事をぱっと見で判断してしまい、うっかりミスをしてしまうことがよくある。

・衝動性が抑えられず、順番やルールが守れなかったりする。

また、ADHDは自閉症などの広汎性発達障害や、他の精神疾患、身体疾患が併存する ことが多くみられます。今回示した3つのタイプや、その他の障害に合わせた治療や 支援を行っていく必要があると考えています。




関係のないものが視界に入ったり、周りが騒がしかったりするとどうしても注意力が散漫になり、活動を続ける妨げになりかねません。
テレビを消したり、身の回りを整理したりして静かで集中しやすい環境を作りましょう。


ADHDで多動になったり、衝動性にかられたりするのは無意識の行動で、本人は何も悪くありません。
注意するときは、「やめなさい!」「何度言ったらわかるの!」と感情的に叱らず、近づいて、穏やかに、落ち着いた声で語りかけましょう。


抱えてる困難さを周囲に理解してもらえないために、「自分は何をやってもダメだ」と自己評価が低下するなど、 ADHDには二次障害が引き起こされることがあります。
そのため、具体的なアドバイスをして、結果ではなく意欲や過程をほめてあげたり、認めてあげたりすることが大切です。 機会をとらえて「大好きだよ」「大切な存在だよ」と伝え続けたりもしましょう。 それは本人が「自分でもできるんだ!」「自分が必要なんだ」という自信や期待、自己肯定感にも繋がると考えています。


ADHDを抱えた子どもは、自分の好きなことに関しては集中力を遺憾なく発揮し、 旺盛な好奇心と常識にとらわれない豊かな想像力を持っている場合が多いです。 現にエジソンやアインシュタインなど、過去の偉人たちの中にはADHDを抱えていたのではないかという逸説もあります。
子どもの才能を発見し、本人が没頭できることを見つけるようサポートしてあげれば、 才能を伸ばしていくことが期待できます。


ページトップに戻る